温泉の定義

「温泉とは地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気、その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、温度摂氏25℃以上、または別に定められた19種類の物質のうち一つが含まれている物を言う」
※昭和23年「温泉法」循環風呂の温泉より抜粋

問題点

①25℃以上の地下水であれば、成分の有無に関わらず「温泉」といえること。

②「温泉分析書」に記載されている成分は、われわれが入る浴槽の湯ではなく、湧出地点の湯を
 採取して行われるため、循環、加水、塩素混入などにより、異質のものになっているケースが
 多い。もちろん、源泉かけ流しが科学的にも好ましい。

温泉法の見直しが急務であり、ランク分けも必要である。循環風呂の温泉と源泉かけ流しの温泉を同じ土俵で評価すること自体に問題があるといわざるを得ない。

泉温、液性

泉温

鉱泉(地中から湧出する温水及び鉱水の泉水)が地上に湧出した時の温度、採取した時の温度を泉温といい、下の図のように温泉を分類することができます。

泉温による分類


液性

鉱泉の液性を湧出時のpH値によって、下の図のように分類することができます。

液性による分類


宿泊予約はこちら

源泉かけ流し宣言 ボタン

温泉教授の温泉講座 ボタン

源泉かけ流し温泉入浴体験記 ボタン