入浴法

泉質や効能だけでなく、様々な入浴法があるのも温泉の魅力。
効果的に温泉の効能を取り入れるためにも、自分に合った入浴法を知っておくことが大切。

全身浴

身体全体を温泉に浸けるのが「全身浴」。大きく「半座位浴」「寝湯」に分けられます。

[半座位浴]

深めの浴槽に半座位(中腰)または座位で入浴する方法。入浴温度の差によって、高温浴から寒冷浴まで細かく分けられます。

[寝湯]

37度前後のぬるめの浅い浴槽に横たわって、20~30分入浴する方法。リラックス効果があり、精神疲労や高血圧症などに効果的。

部分浴

身体の一部を温泉に浸ける、または浴びる方法。浸ける部分によって入浴法が分けられます。

[かぶり湯]

頭部や首筋に温泉をかける方法。入浴初期の血圧上昇の防止や貧血予防に効果的。

[打たせ湯]

高所から流れ落ちる温泉で肩や首筋をマッサージする方法。肩こりや腰痛に効果的。

[腰湯・足浴]

腰から下または足の部分だけを温泉に浸ける方法。血流を改善し冷え性に効果的。

[鯨噴浴]

温泉を床から上向きに噴出させ、打たせ湯が届かない部分にかける方法。痔や冷え性に効果的。

[歩行浴]

膝下までの深さの温泉の中を歩く方法。自律神経失調症や冷え症などに効果的。

特殊な入浴

温泉そのものへの入浴ではないものの、温熱効果など温泉同様の効能がある入浴法を紹介します。

[泥湯]

天然の鉱泥の湯に入浴する方法。大分県別府温泉郷の泥湯が有名。

[砂湯]

温泉で温められた海岸の砂に身体を埋め、入浴する方法。鹿児島県指宿温泉の砂むし温泉が有名。

[温泉蒸気浴]

温泉の蒸気を利用した入浴法。秋田県後生掛温泉の温泉蒸気函浴などが有名。

[温泉熱気浴]

温泉で熱せられた地面に横たわる方法。秋田県玉川温泉の岩盤浴などが有名。

[温泉運動浴]

温泉プールのように温泉の中で運動する方法。全身浴の効果と運動効果が得られる。

宿泊予約はこちら

源泉かけ流し宣言 ボタン

温泉教授の温泉講座 ボタン

源泉かけ流し温泉入浴体験記 ボタン