温泉ができるまで

温泉のほとんどは、地中にしみこんだ雨や雪が、数10年後に温度や成分などを得てふたたび地上に出てきた「循環水」です。
温泉は「火山性の温泉」「非火山性の温泉」とに大別でき、非火山性の温泉は「深層地下水型」「化石海水型」とに分類できます。

[火山性温泉]

地表に降った雨や雪の一部が地中にしみこんで地下水となり、火山のマグマ溜まりの熱で温められ地表に湧き出してきたもの。

[非火山性温泉]

<深層地下水型>
地下の深度が深くなるほど地温が上昇する地下増温率と、マグマが冷えてできた高温の岩石による地熱により地下水が温められたもの。

<化石海水型>
太古の地下変動などで古い海水が地中に閉じ込められたもの。火山や高温岩帯で温められたり、塩分を多量に含むことで温泉になる。

宿泊予約はこちら

源泉かけ流し宣言 ボタン

温泉教授の温泉講座 ボタン

源泉かけ流し温泉入浴体験記 ボタン