温泉の効能

温泉の効能は近代医学においても高く評価され、その医療効果が実証されています。
浴用はもちろん、飲用しても効果のある温泉は療養だけではなく、健康維持にも最適です。

温泉の利用基準について

温泉にはいろいろな成分が含まれているため、自分の病気や症状がその温泉に適しているかを認識する必要があります。温泉療法を行ってはいけない病気や症状もあるため、温泉療法をする際は出来る限り医師(特に温泉療法医)の適切な指導のもとに行うのが一番です。

適応症

温泉療法を行ってよい病気や症状です。基本的に、慢性の病気や症状が含まれます。

◇療養泉の一般的適応症(浴用の場合)

神経痛・筋肉痛・関節用・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき
慢性消火器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進

◇泉質例の適応症

泉質 浴用 飲用
塩類泉 塩化物泉 切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病 慢性消火器病、慢性便秘
 
炭酸水素塩泉 切り傷、火傷、慢性皮膚病
 
慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病
硫酸塩泉 動脈硬化症、切り傷、火傷、慢性皮膚病 慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風
特殊成分を含む療養泉 二酸化炭素泉 高血圧、動脈硬化症、切り傷、火傷 慢性消化器病、慢性便秘
 
含鉄泉 月経障害 貧血
含銅・鉄泉 含鉄泉に準ずる 含鉄泉に準ずる
硫黄泉 慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症 糖尿病、痛風、便秘
 
 
酸性泉 慢性皮膚病 慢性消化器病
含アルミニウム泉 酸性泉に準ずる 酸性泉に準ずる
放射能泉 痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石病、慢性皮膚病、慢性婦人病 痛風、慢性消化器病、慢性胆嚢炎、胆石病、神経痛、筋肉痛、関節炎

禁忌症

温泉療法を行ってはいけない病気や症状です。
高血圧症、動脈硬化症、心臓病の場合、42度以上の高温泉は原則として禁忌です。

◇一般的禁忌症

急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全
出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

飲泉

飲泉をすると胃腸や肝臓などに直接作用する効果と全身に作用する効果があります。飲泉にも浴用と同じく禁忌があるため、正しい判断のもとで行いましょう。

①飲用許可のあることを確認しましょう。
②温泉湧出口の新鮮なものを用いましょう。
 一般には1回にコップ1杯(100~200ミリリットル)目安。
③食前1時間~30分前または空腹時がよく、夕食後から終身前はなるべく避けましょう。

宿泊予約はこちら

源泉かけ流し宣言 ボタン

温泉教授の温泉講座 ボタン

源泉かけ流し温泉入浴体験記 ボタン