温泉教授の温泉講座 | はじめに

このコーナーは、温泉教授こと松田忠徳教授監修の下、皆様に温泉に関する知識を深めていただくために温泉に関するいろいろなことを紹介していきます。少しずつ内容を増やしていきますので、ぜひまたお立ち寄りください。

温泉教授 松田忠徳(まつだ ただのり)先生 プロフィール

松田先生プロフィール画像1949年北海道洞爺湖町洞爺湖温泉出身。
旅行作家・翻訳家・文学博士・医学博士・モンゴル国立医科大学教授(温泉健康医学)・北京徳稲教育機構教授(温泉学)・崇城大学客員教授。
日本で初めて温泉を学問としてとらえた「温泉学」という分野を切り開いた第一人者。「温泉は生きている」という概念のもと「源泉かけ流し」という言葉を作り、今日まで理論的な普及に努めてきた。温泉を多角的にとらえ、科学的分野や医療関係にも造詣が深い。入浴した温泉数は4700湯を超える。

『温泉教授の温泉ゼミナール』『温泉力』『温泉に入ると病気にならない』『温泉手帳』『古湯を歩く』『温泉教授の日本百名湯』など温泉関連の本を多数執筆、DVD『温泉教授・松田忠徳の日本百名湯』全10巻(日本経済新聞出版社)も好評発売中。

目次

松田先生関連商品PR

宿泊予約はこちら

源泉かけ流し宣言 ボタン

温泉教授の温泉講座 ボタン

源泉かけ流し温泉入浴体験記 ボタン